close

理学療法学科[ 3年制 男女 ]

実力ある“情熱”の理学療法士を
最短・最適の3年制でめざします

理学療法とは、病気やケガなどにより不自由になった身体の機能回復と維持を図る医療活動。日常生活の動作からスポーツ選手のトレーニングまで、その仕事は多岐にわたります。

Policy教育体制の構築

理学療法学科では、履修規程に即して必要単位を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力を備えていると判断した場合に、卒業認定および専門士の称号を授与する

Job卒業後の進路

  • 病院等医療機関
  • 介護老人保護施設
  • 通所リハビリテーション事務所
  • 訪問リハビリテーション事務所
  • 福祉施設 など

Qualificationめざす資格

  • 理学療法士[国家資格] 他

Study Point学びのポイント

「スポーツ」に深くかかわる

近年、スポーツ分野でトレーニングやコンディションづくりのスペシャリストとして、理学療法士の活躍の場が広がっています。本校の卒業生もパラスポーツや、プロ野球のトレーナーとして活躍しています。

学校でプロの講習・セミナーに参加できる

医療の現場では、新しい考え方や異なるアプローチができる多面的な視点が必要です。現役で活躍中の理学療法士が本校で開催する講習会やセミナーに穴リハ学生が参加することができます。

校内設備も充実

校内設備には、運動療法のためのマシーンが多数設置されており、ナイター設備の整った学生用フットサルコートも完備しています。

3年間の到達ステップ

1年次対象者に対して、基本的理学療法を体験し実践できる

見学実習〈1週間〉
  • コミュニケーション能力を修得します。
  • 対象者の全体像の把握に努めます。

2年次理学療法士の役割と責任ついて理解し、その一員として行動できる

評価実習Ⅰ・Ⅱ〈2週間×2回〉
  • 現場での対象者の要求レベルを把握できる力を身につけます。
  • 療を見据えたプログラムを立案できるところまでもっていきます。

3年次真のプロの理学療法士としての自覚を高める

総合臨床実習Ⅰ・Ⅱ

「見学実習(1年次〉」「評価実習Ⅰ・Ⅱ(2週間×2回)」でのトレーニングをもとに、実習スキルを「一般的な疾患(複雑障害を除く)に対し、ある程度助言・指導のもとに理学療法が行えるレベル」まで引き上げます。

国家試験受験

Curriculumカリキュラム

リハビリテーション医学概論 / 保健医療福祉論 / 解剖運動学Ⅰ・Ⅱ / リハビリテーション整形外科学 / リハビリテーション内科学 / 小児科学 /
整形外科疾患の理学療法Ⅰ~Ⅲ / 内部障害の理学療法Ⅰ~Ⅲ / 物理学 / 運動療法学 / 義肢装具学Ⅰ・Ⅱ / 統計学 / 見学実習~総合臨床実習Ⅰ・Ⅱ /
理学療法概論 / 理学療法管理学 / 解剖生理学Ⅰ・Ⅱ / リハビリテーション神経学 / 人間発達学 / 基礎理学療法学Ⅰ~Ⅳ /
中枢神経疾患の理学療法Ⅰ・Ⅱ / 発達障害の理学療法 / 人間工学 / 日常生活活動学 / 情報科学 / 理学療法研究論 / 生化学 / 人間育成学 / コミュニケーション論 / 一般臨床医学

Anacole Voiceアナカレボイス