close

介護福祉学科[ 2年制 男女 ]

介護との出会い、
介護の中での出会い

介護ニーズは高まっており、福祉の現場では、より多くの優れた人材が求められています。確かな技術とともに心から人を支えられる介護福祉士を育成します。

Policy教育体制の構築

介護福祉学科では、履修規程に即して必要単位を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力を備えていると判断した場合に、卒業認定および専門士の称号を授与する

Job卒業後の進路

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 病院等医療施設
  • 市町村福祉施設
  • 認知症グループホーム
  • デイサービスセンター
  • 社会福祉協議会
  • 身体障がい者支援施設
  • 知的障がい児施設 など

Qualificationめざす資格

  • 介護福祉士[国家資格]
  • 認知症ライフパートナー検定

Study Point学びのポイント

根拠に基づいた介護技術を身につける

学生は、授業を通じて介助する側とされる側の両方を体験します。その過程において、安全・安心などの気づきがあり「相手を想う+負担の少ない介護技術」が身につきます。高齢者をはじめ利用者様の【生活サポートができる介護福祉士】をめざします。

心も支援できる技術を学べる

介護施設では、高齢者の方が楽しみながら、身体や脳を動かすことのできるレクリエーションがよく行われています。本校では専門的な指導技術をもつ教員から、現場で行っている多彩なレクリエーションを学びます。また、ボランティア活動を通して、人間的な成長を促し【温かい心をもった介護福祉士】を育てます。

自分にあった施設で実習できる

「就職を考えている」「自宅からの距離が近い」など希望に合った実習先で学ぶことが可能です。学生の声を聞くために、実習前には不安や悩みを解消する個別相談を十分に行います。実習中には、担任をはじめ教員達が週一回以上実習先を訪問し、がんばる学生をしっかりサポートします。

Curriculumカリキュラム

人間の尊厳と自立 / 人間関係とコミュニケーション / 生活と福祉 / コンピュータリテラシー / 介護の基本Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ / コミュニケーション技術Ⅰ・Ⅱ /
生活支援技術Ⅰ・Ⅱ / 生活支援技術Ⅱ(居住環境の整備) / 生活支援技術Ⅲ(家事の介護) / 生活支援技術Ⅲ(被服) / 生活支援技術Ⅲ(調理) /
生活支援技術Ⅲ(住居) / 生活支援技術Ⅳ 介護予防とレクリエーションⅠ・Ⅱ / こころとからだのしくみⅠ こころ・Ⅰからだ・Ⅱ・Ⅲ / 介護過程Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ /
介護総合演習 基礎・Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ / 介護実習Ⅰ・Ⅱ / 発達と老化の理解Ⅰ・Ⅱ / 認知症の理解Ⅰ・Ⅱ / 障害の理解Ⅰ・Ⅱ / 医療的ケア / 医療的ケア演習 /
社会保障制度

Anacole Voiceアナカレボイス