close

看護学科[ 4年制 ]

看護のこころや知識・
技術を身につけ成長する看護師に

香川県の専門学校穴吹医療大学校での4年制教育プログラムが、高度な医療現場で活躍する看護師を育成します。くり返し、じっくり、丁寧に学ぶことで、将来の医療現場で活躍するための知識と技術を習得。

学びのポイントStudy Point

専門学校ならではの
技術教育

看護師の仕事は患者さんの病気やケガ、心の在り様をふまえた食事や清潔などの日常生活援助と医師の治療・検査の補助を担います。安全・安心な援助の提供には、根拠に基づいた看護技術と患者の思いに寄り添う心が必要です。看護実践豊かな教員とともにシミュレーターによる技術習得をはじめ、学生間相互実習にて技術力と心から他者に関心が寄せられる人間力向上をサポートします。

リフレクション
~4年制でより深く学べる振り返り授業~

実習終了が終わりではありません。学生は、実習中の患者さんへの援助や関わりを振り返り、提供した患者さんにとって意味ある援助だったか意味づけします。仲間や教員とともに検討することで、より良い援助の在り方を探究します。そのことで新たな目標も見出せます。

医療の総合学校だからできる
異学年・他学科交流授業

チーム医療教育を実践する学園だから実現できる多職種専門教員による講義。リハビリや歯科衛生士による口腔ケアなど専門性の高い知識を学内で身につけられます。

4年間の到達ステップ

1年次看護の基礎を学ぶ

科学的思考の基盤づくり及び、人間と生活について学びます。

2年次学んだことを専門的な分野に発展させる

身体や病気、看護学を学びます。また人体の構造を理解し、根拠にもとづく看護を行うため、香川大学医学部で解剖見学実習を行います。

3年次臨地実習で実践力を身につける

集中的な臨地実習を行います。子どもから高齢者まで、誰に対しても実践できる看護ケアを現場で学びます。

4年次国家試験合格をめざす

校内での演習や臨地実習で学んだ内容を統合し、看護師の国家試験合格をめざして総まとめを行います。

国家試験受験

アナブキ流の学びLearning

穴吹でつかむ、後悔しない未来!じっくり学んで、実習で身につける!
スキを極める学び5つの特長

特長1 日本看護協会が推奨

日本看護協会が推奨するこれからの社会・医療に対応できる看護師4年制カリキュラム。

看護専門学校の授業風景

穴吹医療大学校看護学科は、日本看護協会が推奨する看護師4年制カリキュラムを取り入れています。演習では一人ひとりができるまで何度も練習が可能。病院や施設など現場で学んだことも、校内で教員と共にくり返し、じっくり、丁寧に学ぶことができるので、確実に看護実践力が身につきます。在学中に、病院で実際に行われている「チーム医療」を学ぶことができるのも、多数の専門学科を持つ穴吹カレッジグループならではの魅力。
アクティブラーニングや、学生同士が教え合い学び合うことで、学習効果が高まり、理解を深めることもできます。

特長2 信頼され必要とされる看護師

めざすのは現場から、患者さんやご家族から、信頼され必要とされる看護師。

看護学科の目標は、「現場から評価される看護師をめざす」こと。本校には、卒業生など、先輩たちが働いている県内外の医療施設から日々現場のリアルな声が届きます。今、現場で必要とされているのはどんな人材か、技術や知識はどんなものか。現場の声を反映させた実践教育によって、判断力、技術力、指導力、人間力を習得。
医療機関や施設等で働いている卒業生が、母校で講師として看護技術や患者様への対応について具体的に指導をしてくれます。第一線で活躍している先輩たちがいることは、在学中も、また卒業後も心強く感じることができるでしょう。

特長3 全国平均を上回る国家試験合格率

一人ひとりの合格を徹底サポート。

穴吹医療大学校の国家試験合格率は、全国平均(※既卒者含む)を上回る結果。その大きな理由は、国家試験合格をサポートする独自の取り組みにあります。

また、学年を超えて学び合う「異学年交流授業」を実施。学生同士がお互いに教え合う学び方で、実力がさらに向上します。

特長4 通いやすく、学びやすい

通いやすい、学びやすい、人間力があがる学校生活。

学校はJR高松駅から徒歩5分。四国の中心地高松市内の基幹病院の近くにあります。校舎内には、実際の現場に対応した最新の実習設備を用意。学生自らが自主的に勉学に努められるよう各施設を開放しており、クラス担任、実習先別担当教員などから指導を受けられます。

特長5 自ら主体的に学び成長する

自ら主体的に学び成長していこうとする意志を持った学生を歓迎。

穴吹医療大学校は、やさしい心とタフなメンタルを持つ看護師を育みます。校訓「日々是前進」の精神で、自ら主体的に学び、人々の健康回復や苦痛の緩和、その人らしく生きることを支えたいと思える学生を支援します。

卒業後の進路Job

  • 病院等医療機関
  • 高齢者施設
  • 4年制大学助産学専攻科進学
  • 大学院進学
  • 助産師・保健師養成所進学 など

取得できる資格Qualification

  • 看護師国家試験受験資格
  • 高度専門士(医療専門課程)
  • BLSプロバイダー(一次救命処置)
  • 救急法救急員

カリキュラムCurriculum

教育心理学 / 教育学 / コンピュータ情報処理演習 / 倫理学Ⅰ・Ⅱ / コミュニケーショントレーニングⅠ・Ⅱ・Ⅲ / 人体の構造学 Ⅰ・Ⅱ /
人体の構造学Ⅲ(演習) / 疾病治療学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ / リハビリテーション論 / 看護と法律(保助看法・関係法規) / 社会福祉・社会保障論 /
保健指導論 / 基礎看護技術論Ⅰ・Ⅱ / 基礎看護方法論Ⅱ / 臨床援助技術論Ⅰ / 看護研究Ⅰ・Ⅱ /
救急蘇生法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ / 地域看護学 / 看護技術演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

学科別
カリキュラムブック・パンフレットCurriculum & Pamphlet

医療分野のみの情報を抜き出したパンフレットとカリキュラムブックがダウンロードできます。

Anacole Voiceアナカレボイス

教育体制の構築Policy

看護学科では、履修規程に即して必要単位を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力を備えていると判断した場合に、卒業認定および高度専門士(大学卒業者と同等の学力があると認める)の称号を授与する

AP[アドミッションポリシー]

入学者の受け入れ方針

  1. 穴吹学園の教育理念を理解し、主体性を持って多様な人間と協働し、学び続ける意欲がある人
  2. ものごとを論理的に思考する力を高められる人
  3. 自分と他者を大切にし、自分の考えを伝えるための表現力・コミュニケーション力を高める努力ができる人
  4. 人々の健康と生活に関心と学習意欲を持ち、看護専門職として多職種と協働し続ける意欲のある人
CP[カリキュラムポリシー]

教育課程編成・実施の方針

  1. 国家資格に必要な専門的知識を1年次から段階的・主体的に学べるカリキュラムを構築している
  2. 健康の危機的状況を判断し、科学的根拠をもとに基本的な看護援助が実践できる能力を獲得できる
  3. 少子・超高齢化ならびに多様な社会において人々が自分の健康に関心を持ち、生活ができるよう、医療・福祉施設、地域社会の協力・連携のもとで保健指導力を育成する
  4. 講義・演習において各教科の達成目標・到達点を明確にし、学生の成長を客観的に評価するとともに学生自身が自己成長につなげている
  5. 学年の枠を超えて学び合う教育環境により、学生が成長を実感しながら学べるプログラムを構築している
DP[ディプロマポリシー]

めざす人物像

  1. 看護の知識・技能の習得により、看護師として地域社会・国際社会に貢献できる
  2. 対象の生命を護るために必要な観察力・判断力を身につけている
  3. 科学的根拠に基づいた看護技術力を身につけている
  4. 4年間教育の中で自己の将来像をみつめ、職業観と社会人としての倫理観を醸成し他者に対応できる力を鍛える