close

歯科衛生学科[ 3年制 男女 ]

実践的な学びで
国家資格を取得する

歯の健康を守るための歯科予防処置、歯科保健指導、歯科診療補助を実践的に学習。超高齢社会の中、歯科衛生士の需要が高まり、歯科医院以外にも介護施設や在宅訪問診療など活躍の場所が広がっています。

Policy教育体制の構築

歯科衛生学科では、履修規程に即して必要単位を修得し、必要な修業年限を満たしたうえで下記の能力を備えていると判断した場合に、卒業認定および高度専門士の称号を授与する

Job卒業後の進路

  • 歯科診療所
  • 総合病院
  • 歯科大学の付属病院
  • 保健所・市町村保健センター
  • 医療・歯科関連企業
  • 高齢者施設
  • 教育機関 など

Qualificationめざす資格

  • 専門士
  • 歯科衛生士[国家資格]
  • 救急法救命員 他

Study Point学びのポイント

岡山大学病院から県内歯科医院・介護・
病院施設まで幅広い実習先

岡山大学病院の実習では、11学科の専門外来で最先端の歯科医療を学びます。6つのチーム医療を見学し、医科歯科連携の取り組みと高い専門性を有する歯科衛生士の役割について学びます。

安心のサポート体制

授業だけでなく技術演習や外部実習、就職活動などあらゆる面で個別サポートを行います。また、常に学生に寄り添い、社会人教育はもちろん、人として成長できるよう学科全体で関わり、強みを生かす教育をしています。学内では他学年との合同授業を実施することで、先輩、後輩共に理解が深まるような教育環境を作っています。

歯科医師がいるからできる教育

歯科衛生のプロフェッショナルとして次世代でも活躍できるよう、現役歯科医師と技術力の高い専任教員による指導、本当に必要な歯科衛生士の力を身につけるために考え抜かれた教育カリキュラムを実施。さらには多数の専門学科を持つ本学園だからできる多職種連携授業(学びの交換授業)で在学中から実践的チーム医療を学びます。

Curriculumカリキュラム

人間関係論/歯科英語/解剖学/栄養と代謝/口腔解剖学Ⅰ・歯牙解剖学/口腔病理学/薬理学/歯科衛生士概論/口腔衛生学Ⅰ・Ⅱ/衛生行政・社会福祉論/歯科保存学/歯周治療学/歯科補綴学/高齢者歯科学/歯周病予防法Ⅰ・Ⅱ/歯科予防処置実践実習/歯科保健指導論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/歯科保健指導演習/歯科診療補助論Ⅰ・Ⅱ/歯科診療補助演習/臨地実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ/口腔機能管理学/専門職連携演習/歯科衛生学の統合と実践/社会人基礎講座Ⅰ・Ⅱ/心理学/解剖学・組織発生学/衛生学・公衆衛生学/小児歯科学/口腔外科学・麻酔学/歯科矯正学/障害者歯科学/う蝕予防法/歯科材料学/総合歯科医学セミナー

Anacole Voiceアナカレボイス