介護福祉士への道

介護福祉士とは

介護現場で働く人にお話を伺うと「やりがいがある」「自分の都合にあわせた働きかたができる」と言った声をよく聞きます。 介護のしごとにマイナスのイメージも少なくない中で、多くの人がこのように感じるのはなぜでしょうか。
一般的な企業の多くが9:00-18:00のように固定勤務であるのに対し、利用者の生活を24時間体制で見守る介護施設の多くではシフト制を採用しています。働きたい時間や働き方を事前にヒアリングしたうえでシフトを調整する施設も多くあり、ライフスタイルの変化に合わせて働きやすい職場だと言えます。 また、介護職は人と人とのコミュニケーションが多い仕事のため、年齢や性別、あるいは学歴を問わず、ライフステージの変わりやすい女性にとっても働きやすく、その人が経験したことすべてが活かせる仕事でもあるのです。
高齢化が進む日本においては介護施設が増加傾向にあり、比較的就職がしやすく転職も容易です。

実務ルートでの取得方法が変わりました(第28回試験より)

•実務経験ルートは、実務経験3年以上かつ介護福祉実務者研修を修了することが受験資格になります。
•養成施設において、必要な知識及び技能を修得した方も、国家試験の受験が必要です。

介護福祉士への道

ページトップへ

ページトップへ

Copyright © anabuki college group. All Rights Reserved.