close
Anacole Voiceアナカレボイス
“アナカレ”卒業生VOICE
動物
小曳 那菜
動物看護師
(R5年2月国家資格合格者は
愛玩動物看護師として認められる)
砂川犬と猫の病院
動物看護総合学科

すべては、動物の命を救う側に立ちたい!と思ったことから始まりました

「過去の自分のような飼い主さんを支えたい」という想い

私は過去に、飼っていた犬を病気で亡くしました。もちろん、獣医さんや動物看護師の方には最善を尽くしていただきましたが、どうにもなりませんでした。
当時のことを振り返ると何もできなかった自分に後悔しかなく、今でも辛い気持ちになります。
しかし、この経験から、『不安を抱えた飼い主さんの気持ちを和らげ、心に寄り添える動物看護師』になりたいと思うようになりました。

熱意を持ち続けられたのは、アナカレだからこそ

アナカレは非常に学びやすく、環境が整った学校だと思います。毎日さまざまな動物に関わることができますし、学校生活からも多くのことを学べました。
先生方もみなさん熱心なので、わからないことを質問しやすく、とても勉強しやすかったです。
授業では看護以外にトリミングやしつけについても学びましたが、動物病院に来られる飼い主さんたちは本当にさまざまなことを質問されるので、就職してからとても役に立っています。

動物看護師はこれからもっと伸びる職業だと思います

病気や怪我で苦しんでいた動物たちが、元気になって飼い主さんたちのもとに帰る姿を見るたび、「今日も動物たちを救えた」という喜びでいっぱいになります。
動物看護師はこれから国家資格になる重要な仕事です(2022年11月現在)。私は子育てしながら働いていますが、子どもに誇れる仕事だと思っています。
動物が好きで、人と話すのが好きな人にはぜひ目指して欲しいです!